ブログ Blog

2016

07.30

飲む日焼け止め「U・Vlock」

毎日暑いですね。
紫外線量も年々増加。肌老化の8割は紫外線による光老化といわれているので、塗る日焼け止め、日傘、帽子、サングラス着用といった日々の地道な紫外線対策はとても大事です。
数年前からそれらの対策にプラスして「飲む日焼け止め」も出てきました。

「飲む日焼け止め」といえば、当院でも取り扱いのある「ヘリオケア」が人気ですが、このたび一粒で24時間効果が持続する「U・Vlock」が出ました。
当院でも少し前から取り扱いを開始していますが、入荷してもすぐに在庫切れになるほどの人気です。
「ヘリオケア」は海外製ですが、こちらの「U・Vlock」は日本製で、10年以上の研究実績を経て、発売になりました。

気になる成分はグレープフルーツ由来のシトラス成分と、ローズマリー由来のハーブ成分をエビデンスに基づきブレンドし、紫外線を浴びることで大量に発生した活性酸素を除去する抗酸化作用と、抗炎症作用で紫外線によるダメージを防ぎます。
そのほかにも6種類の美肌成分も配合されていて、継続して摂取することで紫外線に対する防御効果が高まります。

飲んでいたら日焼けしないというわけではなく、塗る日焼け止めとの併用が基本となります。

とはいえ、女性と違って、日焼け止めを塗る習慣のない男性や、屋外での仕事が多く、日焼け止め塗ってもすぐ汗で流れてしまう、とか、頻繁に塗り直しができない場合、どの日焼け止めを使ってもかゆくなってしまうという方にはいいかもしれません。小学生以上のお子様も内服可能です。(ヘリオケアは4歳以上のお子様から可能です)

では「ヘリオケア」と「U・Vlock」ならどちらがおすすめか?となると、、、、

●日頃、屋内でのお仕事で、朝夕の通勤だけが外、であれば「U・Vlock」
(自転車や徒歩通勤で短時間の場合やマイカー、電車、バス通勤の場合)

●日中、屋外へお出かけするときだけ予防したいというかたは即効性のある「ヘリオケア」
(ヘリオケアは飲んで30分後から効果発現し約4時間持続。それ以上屋外にいる場合は4時間後に1カプセル追加します)

●レジャーやスポーツ、運動会等で比較的長時間、屋外にいて強烈な紫外線を浴びるようなときは両方併用がベストです。

「U・Vlock」は万が一日焼けしてしまったあとでも、その直後から摂取することでお肌のダメージを半分以下に軽減させるというデータもあります。

私はというと、基本、毎日1カプセル「U・Vlock」を飲んで、休日の日にどうしても日中出かけないといけないとき(これは超インドア派の私には滅多にないですが)や、どうしても明るい時間に庭作業をしたいとき(これは、唯一の趣味なのでよくあります)、外に出る30分前に「ヘリオケア」を1カプセル追加するという飲み方をしています。

まだまだ紫外線が強く、暑い日々が続きます。
皆様も、鉄壁の守りで紫外線によるお肌のダメージを未然に防ぎましょう。

DSCF1536[1]

とても素敵な先生からの贈り物の招き猫さんと。

BACK

MENU

お問い合わせ・ご予約はこちら 086-226-1250